資材調達について

当社の資材調達活動を以下のとおり紹介します。

調達基本方針

当社は自ら本方針を遵守するとともに、お取引先様に対しても、本方針の遵守及び調達取り組みにご理解とご協力をお願いしています

  • 1. 常に正しい行動かを問い法令・社会規範を遵守し、人権・労働衛生、環境を尊重します
  • 2. 調達取引先選定は選定方針に基づき実施します
  • 3. 公正な取引の機会を提供し、契約に基づく誠実な取引を行います
  • 4. 相互理解を深め、信頼関係に 基づく調達活動に努め、常に精進します
  • 5. 責任ある鉱物調達への取り組み(※1)を実施します

(※1)責任ある鉱物調達への取り組み
当社は、コンゴ民主共和国およびその隣接国における武装勢力の人権侵害、環境破壊等の問題を重大な問題と捉え、この武装勢力の資金源となっている紛争鉱物取引をサプライチェーンから排除する、責任ある鉱物調達の推進に誠実に取り組んでいきます。


調達取引先の選定方針

  • 1. 法令、社会規範等を遵守し、人権、労働衛生、環境への配慮を重視している
  • 2. 経営状態が健全である
  • 3. 当社に供給する資材・役務の品質、価格、納期が適正水準にある
  • 4. 安定供給能力と、需給変動への柔軟な対応力がある
  • 5. 当社製品に貢献できる優れた技術・開発力、向上心を有している
  • 6. 不測の災害等発生時においても、供給継続能力を有している
  • 7. 重要情報の機密保持体制がある

調達取引先へのお願い

当社は、全ての調達取引先の皆様に次ぎの下記項目の実行を要請します。
また、皆様の仕入先につきましても、本項目を推進する旨、要請をお願いいたします。

(1)法令・社会規範の遵守・関連する法令等(各国・地域の独禁法、商法、下請法、外為法、個人情報保護法、著作権法など)の遵守・徹底
  • ・事業活動における基本的人権の尊重
  • ・安全で清潔な作業環境の整備
  • ・紛争鉱物のサプライチェーンからの排除
(2)環境への配慮 
  • ・ISO 14001準拠の環境保全体制の整備と外部認証取得の推進
  • ・有害化学物質の削減等環境負荷の小さい部品・原材料の調達(グリーン調達)の実施
  • ・環境保全活動(環境方針策定・システム整備・教育実施など)の推進
(3)健全な事業経営の継続 
継続的な取引を実行するための健全で安定的な事業経営状態
(4)優良な品質の確保 ・各国・地域の安全基準(JIS、電安法、UL、CEマーキングなど)の遵守 
  • 当社の求める仕様・品質を満足する資材・役務の継続的な提供
(5)適正価格での提供 
常に市場競争力のある価格の提供と、継続的な価格低減努力の推進
(6)確実な納期の確保と安定供給体制の構築
継続的な供給と急激な需給変動に応じるため、確実な納期確保と、安定的かつ柔軟な供給体制の構築
(7)技術力の向上
当社のニーズに基づいた優れた商品を提供するために、継続的な技術力の向上
(8)事業継続マネジメントの構築
災害等の発生時においてもサプライチェーンの早期復旧が可能なように継続的なリスクマネジメントの実施

グリーン調達への取り組み

当社では、地球環境保全を第一とする生産活動を基本的責務としてグローバルな環境経営体制を構築しています。

その取組みの一つとして、積極的に環境保全を推進しているお取引先様から、環境負荷の小さい製品・部品・材料等を調達する『グリーン調達』を推進しています。環境調和型製品を創造し、有害物質などの環境負荷・リスク低減を考慮した事業活動を進めるために、当社製品及び製品に関わる部品・材料等で使用されている物質について禁止物質・管理物質を定めております。開発検討・設計段階より事前に環境影響の評価を行い、当社製品に含有される、または当社工場の製造工程で使用される物質については有害物質を使用しないより環境負荷の小さい材料の選定に努めております。

紛争鉱物に関する方針

コンゴ民主共和国(DRC)および隣接諸国(以下、総称して「DRC 地域」)で採掘されている鉱物には、DRC 地域の人権を侵害する武装グループの資金や利益の原資となっているものがあります。これらの鉱物の一部は、最終的に世界中で製造され使用される製品のサプライチェーンに組み込まれています。

このような人権侵害の問題を解決するため、Amkor Technology とジェイデバイスは、各々のサプライチェーンを構成する企業や業界グループとともに責任ある調達活動を行い、DRC 地域の武装グループの資金や利益の原資とならない鉱物から作られた「紛争フリー」製品を提供する取り組みを実施しています。

私達は取り組みの一環として、以下の活動を行っています。

・ グローバルサプライチェーンにおける人権問題改善に向け、統一された行動規範のもとで活動を行う大手企業の連合組織である電子業界 CSR アライアンス(EICC)への加盟。

・ DRC 地域内での紛争フリー鉱物の調達を支援する、地域の率先した取り組みを推進。

・ サプライヤに、責任ある調達活動を行い紛争フリー鉱物を提供することを要請。

OECD Due Diligence Guidance for Responsible Supply Chains of Minerals from Conflict-Affected and High-Risk Areas(紛争地域および高リスク地域からの責任ある鉱物のサプライチェーンのためのOECDデューデリジェンスガイダンス)に従い、サプライチェーンにおけるデューデリジェンスを継続的に実施し、透明性の向上を推進。

・ 独立した第三者が製錬業者や精製業者の調達活動を評価し、精錬された鉱物が紛争フリーで調達されたものか否かを判断する、EICC 紛争フリー製錬業者プログラムへの参加。

事業継続マネジメントの推進

当社は、大規模自然災害、火災・爆発などの事故、広域伝染病・感染症などの疾病蔓延、テロ・政変など生産活動を妨げる様々な事象に 対して、お客様とお取引先様を結ぶサプライチェーンの維持・向上のため事業継続計画(BCP)を策定し活動を推進しています。 お取引先様においてもリスク軽減に向け現状把握と継続的な改善活動の協力をお願い致します。

お問い合わせ

当社の資材・調達活動に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせボタンよりお願いいたします。
製品情報など、資材・調達活動以外に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。

資材・購買活動に関するお問い合わせ